性欲を生きる欲に変換したい。

半年間、性欲をエロコンテンツ視聴やオナニーで発散することをやめてみることにする。とりあえず、半年だけ。

 

こういった試みは人生で幾度となく挑戦してきたが、うまくいった試しがない。その原因の一つに、“性欲を撲滅し未来永劫エロには関わらない”という心意気をもっていたことにあると思う。今の僕の身体にとって、エロほど価値のあるものはない。だから、全力でホメオスタシスが働くんだ。よって今回は、“とりあえず人生で半年くらいそういう期間があってもいいんじゃない?”くらいの心意気でいこうと思う。どうするかは半年後の身体が決める。

 

僕は本音では性欲を無くして、植物のように暮らしたいと思っている。性欲さえなければ、あとはのんびりできる時間とギターの弦を張り替えるだけの金と質素な衣食住が整っていれば、自分は幸福に生きることが出来ると知っているからだ。性欲さえなければ、金のためにストレスをためることもなく、時間に追われることもなく、人間関係でむやみに悩むこともなくなる。なんて素敵な生き方なのだろうか。この時代のこの国に生まれたからこそ享受できる贅沢だ。

 

僕は半年間エロから遠ざかることで性欲が薄れることを期待している。あるいは性欲を別の欲求、生きる力に変換できるようになることを期待している。今の僕は無気力で、生への意思をすべてオナニーで空打ちしている。もうコリゴリなんだ。